2018年11月08日

賃貸住宅の運営・管理にいては家

賃貸住宅の運営・管理にいては家主が行うケースは少ないのが現状で、仲介した不動産会社か、その関連管理会社が担当するのが一般的になっている。このような状況から察すれば実質的な交渉相手は不動産会社又は関連管理会社になる。 そこで、気になるのが不動産会社や管理会社の敷金に対する意識、原状回復義務の認識、退出時チェックの視点などなど……。交渉相手の考え方や手法を事前に察知していれば交渉を有利に進められるという。一歩踏み込んだ交渉も可能だから、認識違い、誤解も解消でき、感情的な交渉から発展してしまう無駄な裁判も避けられるメリットもあるのだ。 『現場発・女性の不動産屋さんが語る、「敷金という利息のつかない貯金」』https://surfaceapps.biz/real-estate-deposit/



Posted by 松尾智子 at 20:52│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。